洗濯物の生乾き臭を消す方法(2016.5.19)

0120-624-815
無料お見積りお問合わせはこちら
洗濯物の生乾き臭を消す方法(2016.5.19)

一人暮らしで帰りが遅い方や、花粉症で外に洗濯物が干せない方など、最近は洗濯物の部屋干しも珍しくなくなってきました。
部屋干し専用の洗濯用洗剤や柔軟剤もよく目にするようになりましたよね。

しかし部屋干しの洗濯物は生乾きの嫌な臭いを漂わせていることもしばしば・・・。
しかも一度ついた生乾きの臭いは、その後何度洗濯してもなかなか落ちてくれません。

今回はそんなついてしまった生乾きの臭い解消法のご紹介。

生乾きのあの臭いは、衣類についた皮脂やたんぱく質を雑菌が分解してかもし出されているもの。
つまり臭いを消すためには、雑菌を殺す必要があります。

菌は熱に弱いので、臭いのついてしまった衣類は熱湯に30分ほどつけておき、その後洗濯機で通常通り洗濯すれば、しっかりと殺菌することが出来ます。
熱に強くない生地の場合は、水を少し加え、50℃くらいのお湯につけるようにしましょう。

またアイロンの熱でも、殺菌をすることが出来ます。
ハンカチや下着などの小さいものは、アイロンで手軽に殺菌しましょう。

これから梅雨の時期に入り、ますます部屋干しの機会が増えてくるかと思いますが、洗濯物に臭いがついてしまってもあきらめて捨ててしまわず、熱でしっかりと殺菌をしてあげましょう。

菌がいなくなれば、臭いもちゃんと消えていきますよ。

かんたん無料お見積もり
0120-624-815
無料お見積もり・お問合わせはこちら
ページトップへ