大掃除はなぜ年末にするの? | 不用品回収・ゴミ屋敷片づけのことならエコスターにお任せ!

0120-624-815
無料お見積りお問合わせはこちら
大掃除はなぜ年末にするの?

なぜ年末に大掃除なんて大変なことを?寒いし、忙しいのに!と思ってしまいますが、実は大掃除は新年に神様をお迎えするための準備なんです。

大掃除は、日本で江戸時代から行われている年中行事だそうです。
当時は「煤払い」と呼ばれていました。

今でこそ仕事納めをしてからの年末最後の3日間が大掃除のピークになっていますが、
当時は12月13日が煤払いの日だったようです。
12月13日は「正月事はじめの日」と呼ばれていて、お正月に向けた準備をはじめる日と決められていました。

なぜその日なのかというと、「物忌み」という、一定期間の間、肉や魚などの食べ物や人と会うことを避けて身を清めることで神様をお迎えする仕度をする風習があり、それがはじまるのは12月13日だったからだそうです。

年末に大掃除をするのは、日本の文化なのですね。

年神様はお正月に山から降りてきてその一年に実りと幸せをもたらしてくれる神様です。
初詣ももちろんですが、ちゃんと綺麗にした家で年神様をお迎えしたいものですね。
かんたん無料お見積もり
0120-624-815
無料お見積もり・お問合わせはこちら
ページトップへ